海外勤務と税金

私は役員として海外転勤をすることとなりました。この場合の給与に対する税金はどうなるのでしょうか。

所得税法上、日本内の給与所得者が1年以上の転勤の予定で海外出向をすると、日本国内に住所を持っていない人、すなわち非居住者の扱いになります。
非居住者に課される所得税は日本国内での所得に限られ、外国で勤務をしたことで支払われた所得に対しては日本の課税対象に含まれないのが原則ですが、その支払われる個人が使用人ではなく法人の役員である場合は、その給与が日本国内で発生したものとし、額数の20%の税率の所得税が源泉徴収されることとなります。
取締役支店長等の使用人として常時勤務をしている役員は上記の役員の対象から外されることになります。
役員の給与に関する課税の扱いは、数か国との租税条約がありその租税条約と日本内の課税と衝突した場合、租税条約の方が優先されることになります。

関連記事

  1. 海外で勤務している中、自分所有の不動産を売却しました。この場合の…
  2. 海外で勤務している中、株式を譲渡しました。この場合の所得税はどう…
  3. 海外出向から帰って来ました。この場合の年末調整はどのようになるの…
  4. 居住者が海外で株式などを売りました。この場合の課税関係はどうなる…
  5. 海外転勤をすることになりました。納税管理人を決めたいと思いますが…
  6. 海外出向の際に所得税額を精算したいと思います。
  7. 海外出向から帰ってきました。この場合の確定申告について教えてくだ…
  8. 海外へ渡航するための費用はどのような扱いになるのでしょうか。
PAGE TOP