海外勤務と税金

居住者が海外で株式などを売りました。この場合の課税関係はどうなるのでしょうか。

日本の居住者は、国内で発生した所得と国外で発生した所得の両方が日本の税金課税の対象となります。なので、海外にいるとしても、国内での所得税課税と同様の扱いになります。
*ここで居住者とは、日本国内に住所があるか、現在まで引き続き1年以上の居所のある個人のことです。

ただし、国外所得に関して、外国の法令で所得税と同級のものが課税される場合、同一の所得に対し二重の課税がされる場合があります。このような国際的な2重化税をまとめるために、外国で課税された外国所得税の金額の一定額は日本の所得税の金額から差し引くことが可能です。これが外国税額控除です。
この外国税額控除の対象になるためには、株式などを売った年度分の確定申告を数歳に一定書類を添える必要があります。
日本の居住者が海外で株式などを売って取得した譲渡益に関しては、租税条約に基づいて外国の所得税が課されない場合もあります。

関連記事

  1. 海外に勤務している中、日本内で生じた不動産所得の所得税を納付した…
  2. 海外出向から帰って来ました。この場合の年末調整はどのようになるの…
  3. 海外転勤をすることになりました。納税管理人を決めたいと思いますが…
  4. 海外出向から帰ってきました。この場合の確定申告について教えてくだ…
  5. 海外で勤務している中、株式を譲渡しました。この場合の所得税はどう…
  6. 海外出向の際に所得税額を精算したいと思います。
  7. 私は役員として海外転勤をすることとなりました。この場合の給与に対…
  8. 海外へ渡航するための費用はどのような扱いになるのでしょうか。
PAGE TOP